【動画有り】薄毛に悩むかた必見!頭皮博士が教えるシャンプーの仕方

ちょっと前になりますが、薄毛を改善する方法をテレビで紹介していました。
その方法とは、画期的なものでもないのですが、とても理にかなっている方法ですので、見逃した方にも改めて紹介したいと思います。

今や男性のみならず、女性も薄毛や抜け毛に悩むかたが増えています。
番組では約600万人の女性が、抜け毛で悩んでいるといっています。

女性の「抜け毛・薄毛」に悩んでいるあなたにこんなシャンプーあったんだ!

そんな状況の中、これまで48年間で約3万人の人を薄毛から救ったとされるこの方が改善方法を教えてくれます。
スクリーンショット 2014-07-02 13.57.20
全国理容連合会名誉講師、頭皮博士 板羽忠徳 68歳。
68歳でこの毛量!この時点で信頼はおけます。

この方法で50代男性もこのように改善。
スクリーンショット 2014-07-02 13.57.56

そして、50代の女性のかたもこのように。
スクリーンショット 2014-07-02 13.58.16

極めつけは、20代の男性のかた。
スクリーンショット 2014-07-02 13.58.38

と、ものすごい回復具合。
いったいどのような方法で、このように改善してのでしょうか?

1日100本の抜け毛は危険信号

人は日常生活で1日に約50本は自然に脱毛します。
それが倍の100本以上抜けるようですと、危険信号
薄毛の危険が高まっています。
1日50本抜けてもなぜハゲないかというと、毎日新しく生える毛=新生毛が生えるからです。
しかし、この新生毛はとてもデリケートで手で手荒にこすると抜けてしまうのです。
この新生毛を抜かずに育てていくことが、薄毛改善のキーポイント。
1日のなかでもっとも頭を触る時間といえば、入浴時やシャワーの時のシャンプータイム。
そう、シャンプーの仕方を改善するのです。

名づけて髪様シャンプー

スクリーンショット 2014-07-02 14.02.47
この髪様シャンプーの効果は

  • 新生毛が抜けない
  • 頭皮の血行が良くなる

スクリーンショット 2014-07-02 14.03.11

ということです。

髪様シャンプーのやりかた

ポイント1 ヒトデのカタチ

指を5角形のヒトデのカタチにして全体をまんべんなくを洗います。
スクリーンショット 2014-07-02 14.04.30
スクリーンショット 2014-07-02 14.05.10

ポイントは指を動かして頭皮をこするのではなく、頭皮自体を動かすこと
スクリーンショット 2014-07-02 14.05.22

ポイント2 カニのカタチ

両手をカニのカタチに組み、額の生え際からから頭頂部にかけて60秒間マッサージをします。
スクリーンショット 2014-07-02 14.10.15

ポイント3 エイのカタチ

両手を組み、うなじから頭頂部へ60秒間マッサージ

スクリーンショット 2014-07-02 14.10.35

ポイント4 イカのカタチ

画像のように指を3本立て、生え際で円を描くように60秒間マッサージ

スクリーンショット 2014-07-02 14.11.14

スクリーンショット 2014-07-02 14.08.57

頭皮や髪をいたわるようにこすらないように洗うので、爽快感はないかもしれませんがこれも新生毛を抜かないため。
整髪料などは、髪自体を優しく洗って落としましょう。

頭頂部には筋肉がない

なぜこのようなシャンプーの方法が有効なのかというと、頭の頭頂部には筋肉がないので外から力を加えないと血液循環が良くならないからです。
スクリーンショット 2014-07-02 14.07.03

血液循環を良くすることで、髪に栄養が届きやすくなり効果を発揮するのです。

頭皮の状態をチェック

最後に頭皮の状態をチェックする方法を紹介していました。
簡単な方法なのでチェックしてみましょう。
手で拳を作ります。

そして、頭皮の感触が
親指と人差指の間、ツボでいうと合谷のあたりの柔らかさであれば、良好な頭皮の状態。
手の甲のあたりの柔らかさであれば、通常の状態。
こぶし、関節の硬さであれば、危険。薄毛の可能性ありとのことです。
スクリーンショット 2014-07-02 14.17.04

この洗い方でシャンプーにもこだわると、より効果が出るかもしれませんね。
ちょっと気になるシャンプー

動画はこちら

スポンサーリンク