シャンプーをやめると髪が増えるという説の周辺

この説は、昔から言われてきた一つの説ではありますね。
改めて美容の専門家である北里大学出身の、クリニックの医院長が独自の理論で書かたれ本です。

ホームレスにはハゲがいない?

この説の信憑性の元になっている一つの話として、風呂にほとんど入っていないだろうと思われるホームレスにはハゲがいないという説です。
しかし、確実な統計データとしてあるわけではないので、単なるイメージだけで語っていることかもしれません。
でもやはりイメージとしては、ハゲたホームレスは見ない気がします。

五木寛之は髪をあまり洗わない

この話は結構有名ですね。
2004年に発売された本、養生の実技―つよいカラダでなく (角川oneテーマ21)で語られた内容です。
なんと年に数回しか髪を洗わないとのこと。
食生活も偏っているし、深夜に仕事して日中寝たりしているようですが、80を超える年齢まで元気で髪もフサフサです。

タモリもシャンプーを使わない

タモリも以前「いいとも」のなかでシャンプー、石鹸を使わないという話をしていたそうです。
タモリの入浴法は、湯船に入り10分以上浸かればほとんどの汚れは落ちてしまうというもの。

湯船にゆっくりと浸かったあとは、髪も体もシャワーでお湯で流すという入浴法です。
洗いすぎると皮膚が炎症を起こして赤くなったり、肌が弱いとヒリついたりすることもありますね。
脂ぎった頭も、逆に洗いすぎが原因なのかもしれません。
皮脂を摂り過ぎると体が乾燥を防ぎ潤いを補おうとし、余計に分泌が激しくなり皮脂の量が増えるのかもしれませんね。
福山雅治やリリー・フランキーも実践しているようです。

福山雅治と“ももクロ”がラジオで語っています。
タモリ式入浴法で、肌がきれいになると。
洗い過ぎない、脂を取り過ぎないということですね。

昔から乾燥肌の私も、洗顔フォームで洗うと冬場はカサカサになったり、赤ら顔になってます。
しばらくは試してみる価値があるかもしれません。

宇津木式とは?

冒頭の本ですが、目次とレビューを見ると、要はなるべくシャンプーを使わずに髪はお湯で洗うだけで十分きれいになると。
どうしても洗いたいときは純石鹸を使いなさいと。
10万個の毛穴から化学物質が入るというところは、なんとも言いがたいですが、一理あると思います。

シャンプーの会社の主張とは全く逆のアプローチですが、一定期間試してみる価値はあるかと。
人間の体って未だに分からない部分が多いですしね。

この宇津木先生、同じ論法でスキンケアも語られています。
まぁ、頭皮も顔も地続き、同じ肌ですから。


この本、amazonのスキンケアのカテゴリーで1位になっている本です。

何かと手を加えないと不安に思ってしまいますが、何もしないという選択肢も試してみる価値はありそうです。

スポンサーリンク