エロい男ははげるっていうけど

「エロい男のほうがハゲる」

よく言われることだ。どこにそんな根拠があるのかと思うが、
この文言が慣用句として使われていることも否めない。

ハゲにはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが関係しているらしい。
Wikipediaのテストステロンという項目を覗くと、

テストステロン自体には禿げを起こす作用はなく、DHT(ジヒドロテストステロン)に代謝されることで初めて薄毛、性欲減退を促す作用が出る。5αリダクターゼの分泌量は遺伝が関係しているため、遺伝的要因による禿げが存在すると言われる。

何やら難しいが、つまりは、
テストステロンが5αリアクターゼによりジヒドロテストステロンに代謝されることで、薄毛、性欲減退になるかもよ。
つーことだ。

要は「ハゲと性欲減退のアンハッピーセット」
髪が薄くなると性欲も無くなってくると言ってるわけだ。
いわんや、エロはハゲと対局にあるっつーことと違うのか?

ちなみにAV男優で画像検索してみても、ハゲもいればフサフサもいる。
ハゲてもなお盛ん。
まぁ、男はみんなエロいってことで。

そういえば、ある研究では女の子は男の6倍エロいって説もあるし。

何はともあれ、
5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制するフィナステリドは男性型脱毛症の進行遅延に効果がある。
ということはどうやら真実らしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク